キャンプ場 三重県

【青川峡キャンプ場】東海地方のおすすめ人気キャンプ場 (2021年三重県ランキング入り)【サイト紹介、予約、周辺施設】

青川峡キャンプ場を徹底解説!【サイト紹介、予約、周辺施設】

青川峡キャンプ場に行ってきました。

三重県で一番人気のキャンプ場です。

本当に人気でなかなか予約すらとることのできないキャンプ場となってます。

今回は、たまたま3日前にサイトが空いていたのでいくことができました。ラッキーです。

キャンプ場のサイト紹介から遊べる場所まで細かに解説していきますので最後までみて行ってください。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 受付

青川峡キャンピングパーク 【おすすめキャンプ場】(ブログ)

アクセス情報

青川峡キャンピングパークキャンプ場

青川峡へのアクセス情報についてご紹介をしていきます。

リンクは⇩

https://www.aogawa.jp


青川峡キャンプ場

〒511ー0436

三重県いなべ市北勢町新町614

0594−72−8300

予約状況

9月の予約状況を緊急事態宣言下ではありますが、見てみました。

するとこんな中でもかなり多くの人が予約済みですでに土、日等の休みの日は月末までほぼ満に近い状態となってます。

それが下の写真です。⇩

平日であればまだ空いているサイトがありますね。

どうしても行きたい方は平日の空いてる日をおすすめします。

料金形態

料金についてはキャビンサイトやオープンサイト等場所によって料金が異なってます。

宿泊

基本サイト料金はこんな感じです。

他のサイト料金情報も基本このくらいの値段です。

日帰り

日帰りは基本かもしかキャンプフィールドでのキャンプ場になります。

青川峡キャンプ場内の紹介 【サイト紹介】

サイト全体図

上の写真がサイトの写真になります。

上の図に沿って入り口ゲートから順番にサイトの紹介をしていきます。

キャンプ場へ向けて

もう少しで残り400メートルのところで青川峡キャンプ場に到着のところあたりから案内看板が見えてきます。

案内看板に沿って進んでいきます。

まもなく到着で心はかなりウキウキしています。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

入り口ゲート

青川峡キャンピングパークキャンプ場 入り口

入り口ゲートに到着です。

ここで駐車券を発券してからキャンプ場の敷地内に入っていきます。

さて、いざっ参りましょう!!!

青川峡キャンピングパークキャンプ場

敷地内に入っていくと最初に大きな橋を渡ります。

右側に川が流れていて涼しげでかなり綺麗です。

正面にはキャンプ場の看板が大きく建ってます。

さて最高のキャンプが待ってますね。

センターハウス

入り口ゲートからまっすぐに進んでいくと、センターハウスが見えてきます。

センターハウスの前に駐車場がありますのでここに車を一時的に駐車して受付をします。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

センターハウス内は物販も充実していてレンタル品の貸し出しを行っていて忘れ物をした人や新しくキャンプ用品を揃えていきたい方にはもってこいの場所となってます。

ちなみに受付自体はコロナの関係で一人で行わなければなりません。

感染対策がしっかりとされていたのがかなりの好印象でした。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 受付

プライベートサイト 【全体図②付近】

プライベートサイトは約120平米ほどあるとHPに書かれていますが、それ以上あるような大きなプライベートサイトになってます。

駐車場所もしっかりと確保されていて荷下ろしの際のアクセスがかなり良いように思えます。

区分けは写真の通り打木のようなもので綺麗に仕切られておりこの奥の裏側には小さな小川が流れているのでここでは小さな子供も遊ぶことができると思います。

小川の深さは大体足首くらいまでしかないので親がずっと付きっきりで見ていなくても良く、遊ばせてる間でも設営に力を入れることができるので最高です。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 サイト

青川峡キャンピングパークキャンプ場 サイト

オープンサイト 【全体図①付近】

オープンサイトは道路と面しているサイトで道路に車を停めてそこから荷物を持って目の前のサイトでキャンプをするような形となってます。

大きさはかなり大きくなっておりますが、場所を自分たちで選択することができず、従業員の方にしてされた場所に設営される形となります。

ですので木の木陰のあるサイトと思いっきり日のあたるサイトとあたりハズレがあるように思いました。

これも季節によりますが。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 サイト

14、15と書かれている鍵付きの場所が電源となります。

受付の際に電源を使うと申告するとプラス1,000円で電源を使用することができます。

キャンプ初心者には嬉しいサービスですね。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

水辺サイト 【全体図③付近】

左奥の方に水辺サイトが見えます。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

水辺サイトの17番と18番のところです。

プライベートサイトにちょっと似てるような感じです。

駐車スペース1台とサイトです。

広さは十分にあるような感じです。

目の前に川が流れていますが少し流れが強いので注意が必要です。

子供だけでは危険です。

しかし、、、、

水辺サイト付近にはプライベートサイト同様、小さな小川が流れています。

ここなら安心な場所です。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

青川峡キャンピングパークキャンプ場 水辺サイト

左右にあるサイトが水辺サイトです。

左側の水辺サイトが川側、右側の水辺サイトが山側になります。

虫が嫌いな人は川が近くにあるのであまりおすすめ出来ません。

しかし、気にならない人にはかなりおすすめの場所です。

私が青川峡キャンプ場を紹介する上で、水辺サイトは一番のおすすめサイトとなります。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

サニタリー1 【全体図③水辺サイトの横】

サニタリーの棟が水辺サイト17番の横に位置します。

非常に大きな棟で内装も綺麗です。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 サニタリー

サニタリー等の中にはトイレ、シャワー室、食器洗い場とうか完備されています。

便利で助かりますね。

サニタリー2 【全体図②プライベートサイトの横】 中も紹介!

青川峡キャンピングパークキャンプ場

サニタリー棟の中にはまず食器洗い場が完備されておりました。

洗剤は常備されており、わざわざ自宅から持っていかなくても良いようになってました。

初心者の方向けですし、私たちのようによく忘れ物をするキャンパーにとっては嬉しい限りです。

ちなみに今回は洗剤わすれませんでしたが、キャンプ場で洗剤が行方不明になったので助かりました。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 水場

ゴミ捨て場には可燃、不燃のゴミに限らず、使い切ったガスボンベ等が廃棄できるようになっていたのでこれもまた助かります。

しかもしっかりと満タンになったゴミ袋はすぐに回収されており、衛生的だと感じました。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 ゴミ箱

自販機も常備されてます。

今回コーヒーを忘れたので利用させてもらいました。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 自販機

シャワー室とトイレへの入り口の写真です。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 トイレ

トイレ。

小便器と大便器ともにかなり清潔に保たれてました。

これは嬉しいです。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 トイレ
青川峡キャンピングパークキャンプ場 トイレ

シャワー室は24時間無料で使用することができます。

シャンプー、リンス、ボディーソープは常備されてますので持っていく必要はありません。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 シャワー

洋服を入れるためのかごも置いてありました。

常にキャンプ宿泊者のことがかんがえられていると感じるキャンプ場で人気の理由がここまでで十分に伝わってきます。

シャワー室も綺麗に保たれてました。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

炭火焼きハウス 【全体図12付近】

炭火焼きハウスでは薪をくべて調理をすることができます。

なんだか学生時代の自然の家を思い出しますね。

良い感じです。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

青川峡キャンピングパークキャンプ場

炭捨て場

炭捨て場があるのは嬉しいですね。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 炭捨て場

ログハウス 【全体図⑤付近】

この場所のログハウスは小川に面していて水深が足首ほどなので、安心して子供たちを遊ばせることができます。

また、このログハウスのデッキはかなり広く外でBBQをするスペースが広いです。

ですので雨の日キャンプも楽しんで外キャンプすることができます。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 コテージ

青川峡キャンピングパークキャンプ場 コテージ

ログキャビン、トレーラーキャビン、コテージ、アイランドコテージ 【全体図⑦〜⑨付近】

ログキャビンは人気の宿泊施設です。

いつ予約状況を見ても常に埋まってる状態です。

このキャビンのおすすめはファミキャンです。

理由は小さなお子さんのいる家庭でもキャンプ気分を味わうことができてキャンプ初心者にも楽しく過ごすことができる施設だからです。

しかも綺麗です。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 コテージ

青川峡キャンピングパークキャンプ場

BESSの家 【全体図11付近】

なんとBESSの家、発見です。

「お金があればBESSの家欲しい」と思ってましたが、、、、

訂正!!!

ここで宿泊してみましょう!!

青川峡キャンピングパークキャンプ場 BESS

家とデッキに一体感のある感じになってます。

1つの家にはソファのあるリビング的な部屋、もう一つの部屋には寝室といった設計になってます。

デッキにはタープと椅子が用意されており、BESSの家を購入しなくてもBESSを感じることができます。

アウトドアリビングとはこれだ!と教えてくれるようなサイトとなってます。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 BESS

ちなみにBESSはこんな感じです。

リンクを貼っておきますので一度覗いてみてください。⇩

https://www.bess.jp

ライダースサイト

バイクや自転車でキャンプに来る方専用のサイトになります。

このサイトに関しては結構空きがあるような感じです。

なのでライダーの方にはおすすめのサイトと思います。

ちなみにここのキャンプ場は自転車で来るにはけっこう気合がいる場所に位置してますので体力のある方は大丈夫かなと思います。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 バイクサイト

かもしかキャンプフィールド

公式HPでは1600平米と謳われている巨大キャンプサイト!

コロナ前であればイベントを開催していた場所だそうです。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 かもしかフィールド

かなり広大なキャンプサイトになってます。

人も少なくここなら他のサイトの予約がいっぱいでも宿泊可能になってます。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

サイトに車を横付けにできないですが、一時的であればできるようになってます。

人が多数いる時はキャリアワゴンを持っていくことをおすすめします。

駐車場は少し離れた下の写真のような場所になります。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

かもしかキャンプフィールドにも食器洗いのできる場所と薪をくべてキャンプができる場所がありました。

ここも綺麗に保たれてます。

電気もついていて離れたキャンプサイトではありますが、使い勝手の良いサイトだと感じました。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

青川峡キャンピングパークキャンプ場

青川公園

青川公園へ行くにはこの門!?を通って下におりて行きます。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

滑り台を使って下に降りて行きます。

すると、、、

青川峡キャンピングパークキャンプ場 遊具

遊具がたくさんあるところに辿り着きました。

気温が高すぎて人があまりいません笑

青川峡キャンピングパークキャンプ場 遊具

青川公園にも川が流れてます。

遊具で暑くなったらここで涼みます。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 遊具水遊び場

青川

川は本当に綺麗でした。

久しぶりにこんなに綺麗な川を見ました。

かなり癒されると思います。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

保護者がついていれば子供たちも遊ぶことができます。

真夏に遊具で汗をかいたあとにこの川で遊んで汗を流す!これ最高です。

ぜひ試してみてください!

青川峡キャンピングパークキャンプ場

その他 【センターハウス付近】(レンタルバイク、移動販売車)

従業員専用の敷地内車両でしょうか!?

センターハウス付近に停まってました。

これだけ清掃を綺麗にしてもらってるのでこんな車は必須なんだと思います。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 レンタル

青川峡キャンピングパークキャンプ場 レンタルサイクル

その横にはレンタルサイクルもありました。

敷地は広いのでこういったサービスは嬉しい限りです。

4時間で500円、1日で1,000円のレンタル料とのことです。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

移動販売車でかき氷が販売されてました。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 かき氷

いちごの蜜が本当に美味しかったです。

夏を感じられるキャンプ場です。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 かき氷

最後に、、、

出口ゲートがセンターハウス付近にありますが、ここの奥に指定で花火ができるところがあります。

花火はサイトですることができません。

気をつけてください。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

キャンプ場付近の施設 【おすすめ施設】

キャンプ場周辺の施設紹介です。

いくつか紹介をして行きます。

阿下喜温泉

キャンプ場には現在、コロナウイルス関係により温泉の営業をしてません。

温泉に行きたい方は阿下喜温泉というところが近くにあるのでそこへ車で行くことになります。


阿下喜温泉(あげきおんせん)

〒511−0428

三重県いなべ市北勢町阿下喜788番地

電話番号 0594ー82−1126

料金

・中学生以上 平日550円、土日祝日650円

・小学生以下 全日350円

・回数券13枚綴6500円


営業時間 11:00〜21:00 (木曜休業日)


阿下喜温泉リンク⇩

http://ajisainosato.com

にぎわいの森

お土産等を購入していくのに良い施設となってます。

キャンプ場から車で約10分ほどの場所に位置します。


にぎわいの森

〒511−0428

三重県北勢町阿下喜31番地

電話番号0594−72−7705

いなべの森リンク⇩

https://www.inabe-nigiwai.jp

マックスバリュー北勢町店

キャンプ場の一番近くにマックスバリューがあります。

食材の忘れ物等の買い出しはこちらが一番近くて便利です。

青川峡キャンプ場 【動画】(天気は晴れでした)

まとめ

今回、キャンプに行った時にタープ用のポールを家に忘れてきてしまいました。

そんな時でもここのキャンプ場ではレンタル品が充実していることもあり、1本300円で借りることができました。

格安ですね。

本当に助かりました。

この暑い中、タープなしでは灼熱地獄ですからね。

青川峡キャンピングパークキャンプ場 夜

上の写真はキャンプ場の夜の風景です。

綺麗な景色ですね。

青川峡キャンピングパークキャンプ場

ということでいかがでしたでしょうか?!

結構サイトの数が多くあってキャビン等も充実の上、BESS付きとなってます。

今後、青川峡キャンプ場へ行く人の参考になれば嬉しいです。

最後に、今回の私たちのサイトの写真を添えておきます。

百均の旗が良い感じでないでしょうか?!

良いと思った方はぜひ参考にして真似をしてみてください!!

  • この記事を書いた人

ama

-キャンプ場, 三重県

© 2022 osotocamp(おそとキャンプ) Powered by AFFINGER5