キャンプ場 愛知県

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【鞍ケ池公園】(キャンプ)

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】

スノーピークの施設が最近、愛知県豊田市にできました。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池というところで、豊田市の鞍ケ池公園にあります。

新潟まで行かないとなかなかスノーピークの施設に行くことはできないのですが、愛知県でこれを体験できるということでラッキーです。

それでは紹介して行きます。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】


スノーピーク豊田鞍ケ池

〒471−0002

愛知県豊田市矢並町法沢730番地

電話番号 0565−41ー3125

営業時間 平日11:00〜20:00
     休日10:00〜20:00

地図を見てもらってわかる通り、豊田市の鞍ケ池公園の中にスノーピークのパークフィールドがあります。

ここは鞍ケ池のPAと併設もしている場所になります。

鞍ケ池のパーキングエリアからスノーピークのレストランにアクセスすることも可能です。

公園からパークフィールドへ

鞍ケ池公園サービスセンター

スノーピークパークフィールドは公園の山の上に位置しています。

その麓にあるのがこの鞍ケ池公園サービスセンターです。

ここからいざっ登って行きます。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】

山の上に見える建物が、スノーピークの施設になります。

登る高さは下の写真ほどの高さなのでそんなにきつくはありませんが、気温が高いのでそれがかなりの難点でした。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】

道路側にはこの写真のように案内看板が出ているので迷うことはありません。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】

パークフィールド 【中盤】

パークフィールドの中盤まで登ると今度はレストランの案内表示が出てきます。

まもなくキャンプフィールドに到着です。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】

案内看板を発見。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】

地図看板もあるので迷うことはありません。

助かります。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 【ご紹介】

住箱エリアB 【snow peak】

宿泊施設を発見しました。

さすがスノーピーク!おすすめですね。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアB

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアB

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアB

上の方から見た景色です。

最高に良い景色を堪能できますね。

よく見ると、下の方にタイヤが見えます。

牽引できる部分も見えます。

車でここまで牽引してきて設営したのでしょうか!?

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアB

この部分が牽引部分ですね。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアB

テラスとタープ、そして内装のベッド等がオシャレすぎます。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアB

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアB

美しの塔

住箱エリアBのすぐ上には展望台(塔)がありました。

このBエリアでは塔からすぐ下の方が見えて鞍ケ池や癒しの景色が待ってます。

Bエリアのおすすめポイントです。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 

「美しの塔」です。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 美しの塔

炊事棟

住箱エリアBからさらに登っていくと、右手に黒い建物が見えてきます。

ここはよく見ると炊事塔になってます。

こういうところがさすがはといったところですね。

一つ一つホテル感を感じれるようなオシャレさがスノーピークにはあります。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 

流し台等はかなり綺麗に整備されてます。

宿泊者以外は使用禁止です。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池

公園内敷地について(重要) 【炊事棟からさらにPA方面へ】

炊事塔からさらに鞍ケ池パーキングエリア方面へ歩いていくと公園の利用時間が記載されている看板を発見しました。

さらにこの横には公園とPAを隔てる?!柵があります。

公園内とPAを時間帯で行き来をできなくしているのでしょうか!?

このあたりは少しわかりませんでした(泣)

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 看板

またまた看板を発見!

よ〜く見ると現在地と記載されている上の方に「キャンプデッキ」と記載あり。

これは気になります。

普通のキャンプもできるのでしょうか?!

行ってみることにします。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 マップ

キャンプデッキエリア

発見しました。

キャンプデッキエリアです。

これはデッキの上にテントを建てて宿泊するような形をとってます。

相変わらずオシャレな感じで、写真映えるようになってますね。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 キャンプデッキエリア

この他にもサイトはいくつかありました。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 キャンプデッキエリア

住箱エリアA 【snow peak】

住箱エリアAはスノーピークレストランのすぐ下に位置しています。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアA

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアA

住箱エリアBとの決定的な違いは木陰が存在しているところです。

自然に囲まれていて遠くの森深くのキャンプ場に来たかのような錯覚になれるところが最高です。

デッキの雰囲気も最高ですね。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアA

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 住箱エリアA

Snow Peak Eat 【スノーピークレストランと販売店】

さあ住箱エリアAを過ぎていくとレストランの看板と階段を登っていく通路が見えてきます。

ここを登っていくと、、、

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付

奥の方にパーキングエリアが見えます。

レストランが見えないと思いますが、、、

その横を見ると、、

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 

しっかりとありました。

スノーピークの店舗です。

テンションが上がります。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付

さて店内を見て行くことにしましょう。

まず店舗の出入り口です。

公園側から行くとレストランでなく販売店が顔を覗かせてくれます。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付

店内には洋服やキャンプギア、小物類等が陳列されていて雰囲気はやはりスノーピークっぽいオシャレな雰囲気がありました。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付

少し奥の方へ進んでいくとテラスがあり鞍ケ池公園方向を一望できる感じでした。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付

店舗の奥の方にレストランを発見しました。

テーブルや椅子、食事に提供されるお皿やコップ等もキャンプでよく使っているスノーピークのギアでした。

全てがスノーピークです笑

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付 レストラン

反対側はレストランの出入り口になってました。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 受付 レストラン

周辺施設 【鞍ケ池公園】

鞍ケ池公園

鞍ケ池公園には、

・鞍ケ池ボート乗り場

 ペダルボート 30分300円

 ローボート 30分200円

・水辺テラス

 営業時間 9:00〜17:00

・スターバックス豊田鞍ケ池公園店

 営業時間 8:00〜20:00

・芝生広場

 営業時間 9:00〜17:00

・プレイハウス 午前の部 9:00〜正午、午後の部 午後1時〜午後4時

等が多数あります。

特にプレイハウスが一番のおすすめです。

子供とキャンプに来たけど夏が暑過ぎて外で遊べない時にこのプレイハウスで遊ぶことができますし、プレイハウス内は遊具が多数あり、大人も一緒に遊べるようなところです。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 

鞍ケ池公園 (動物園)

北側の駐車場に駐車すると公園内の動物園にアクセスが便利です。

しかし、スノーピークのキャンプ場へは少し遠いのでここに駐車せずにプレイハウス付近の駐車場に停めておくことをおすすめします。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 駐車場

動物園の入り口はこんな感じです。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 動物園

公園内はかなり広いので歩くのが辛い方には1回乗車で100円の園内バスがおすすめです。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 動物園

園内には馬小屋や馬がおり、子供たちが大喜びでした。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 動物園

まとめ

スノーピークの豊田鞍ケ池キャンプ場はいかがでしたでしょうか!?

さすがスノピと思う部分が私は多々ありました。

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ケ池 

デッキサイトに宿泊するのも住箱エリアに宿泊するのもありですね。

今後ぜひ興味のある方は遊びに行ってみてください。

非常に綺麗で清潔感がありキャンプ初心者にもおすすめの場所となっております。

  • この記事を書いた人

ama

-キャンプ場, 愛知県

© 2022 osotocamp(おそとキャンプ) Powered by AFFINGER5