キャンプ用品

結局どれを買えば良いの?【フュアーハンドランタンケースのオススメ】

こんな方におすすめ

  • ランタンケースの選び方がわからない方必見(初心者必見)
  • ランタンのホヤを守ってくれるケースを探してる方
  • ランタンケース内で灯油などがこぼれても外に染み出しにくいものを探してる方
  • 車内でランタンに入っていた灯油がこぼれて困ったことがある方

上記のような疑問に答えるべく、フュアーハンドランタンのケースの選び方(選ぶべきもの)についてご紹介していきます。

この記事を読めば、キャンプ場に車で移動する際に、「車内に灯油がこぼれてしまい困ったことがある」「それを防ぐためのランタンケースは何が良いのか知りたい」

といった悩み解決ができます。

ランタンケースをおすすめする理由は、「1.灯油が車内にこぼれると危険」「2.運転中、灯油などがこぼれてしまうと集中できなくて危険」「3.安全に楽しくキャンプをしてほしい」からです。

なぜなら、わたしが実際に上記2つの危険を経験したことがあり、オススメランタンケースを購入することで危険を解消する方法を知り楽しくキャンプできたからです。

この記事ではランタンケースについて2種類徹底比較した上で、ランタンケースのおすすめを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んであなたのキャンプライフが充実すれば幸いです。

(※ランタンを使う際は火の取扱いの注意など注意しましょう。また、灯油を使う際も自己責任でお願いします。)

【結論】選ぶべきは帆布(はんぷ)製のランタンケース

フュアーハンドランタンケース

選ぶべきランタンケース

帆布製のランタンケースがオススメ!

上記写真は帆布製のおすすめランタンケースです。(ブランド名:PETTOYA)

これをオススメする理由、根拠を含めて説明していきますね。

【理由】帆布製のランタンケースはそもそも何が良いのか?

あなたは「帆布製のランタンケース」と聞き、ピンと来るでしょうか!?

わたしは最初全く分かりませんでした。

その点も含めて帆布製、帆布生地などについて説明した上で帆布製のランタンケースの良さをご紹介していきます。

帆布製とは

帆布製とは・・・綿100%の生地のこと!

特徴として・・・「強度」が挙げられます。

帆布生地の用途例

・テント材

・野球のベース

・ハンモック

・椅子の生地

・靴

・手袋

帆布生地に使われている物は生地がしっかりしていないといけないものばかりだね。

野球のベースなんてスパイクで踏まれるものだから強度がしっかりしてるね。

帆布生地について

号数原糸撚り
(縦糸)
原糸撚り
(横糸)
密度(本/inch)
(縦糸)
密度(本/inch)
(横糸)
重さ
(g/㎡)
828-3218-221014
828-3216-20941
628-3219-23867
629-3318-22794
532-3623-27720
532-3623-27647
434-3824-28573
434-3824-28500
344-4833-37510
10245-4934-38428
11143-4739-43343

上記は帆布製生地の「号」の基準表です。

号数は小さいほど、糸の本数が増えて厚みがあり重量のある生地になります。

この上記の基準はJIS基準です。(現在はJIS基準は廃止されてるが、基本この型を使用。)

8号帆布生地

商品価格、生地の強度について説明します。

商品価格

価格を確認してみましょう。

帆布製ランタンケース

ポケットキャンプアウトドアキャンバスケース

価格 1,450円(Amazon調べ)

8号帆布(燃料こぼれても撥水性あり)

8号帆布生地は厚みがあってしっかりしてます。

写真を見てもらっても麻袋との違いは一目瞭然!

この厚みがあれば、中にあるランタンのホヤも安心です。(←ホヤ:説明しますね。)

※ホヤとは・・・ランタンのガラスでできている部分のこと

フュアーハンドランタン ホヤ

【徹底比較】麻袋のランタンケースと比較してみた

麻袋ランタンケース

GOODポイント

・袋自体が大きいので様々な種類のランタンを入れることが可能

・持ち手が二箇所ついており、持ち運びに便利

・折り畳むとコンパクトになる

BADポイント

・袋の生地が薄いので灯油等の燃料が外側にこぼれやすい

・薄手の生地はランタンのホヤを守り切れない

・ランタンを入れると倒れやすい

下記写真は帆布製のランタンケースです。

フュアーハンドランタンケース

フュアーハンドランタンケース

内側の生地に撥水性があることで灯油が外側に染み出しにくく、他のキャンプギアを守ってくれる。

GOODポイント

・フュアーハンドランタンにピッタリの大きさのケース

・持ち手がついており、持ち運びに便利

・外側の生地が帆布製でしっかりしてる

・内側の生地は撥水性がある

・上部の口を閉めることができる

・ケース底部分が厚手の生地で倒れにくい

・ランタンのホヤを守るのに十分な厚手生地

・安価

BADポイント

大きすぎるランタンは入らない

GOOD ,BADポイントを挙げてみました。

比較してみて帆布製のランタンケースの強みはやはり生地、価格です。

ちなみに麻袋のランタンケースは値段3,000円ほどで購入しました。

フュアーハンドランタン

【結論】ランタンケースはPETTOYAで決まり!

結論

・フュアーハンドランタンにピッタリの大きさのケース

・外側の生地が帆布製でしっかりしてる

・内側の生地は撥水性がある

・上部の口を閉めることができる

・安価

専用に作られたフュアーハンドランタンケースは上記の通り使い勝手が非常に良いです。

ぜひあなたもPETTOYAのランタンケースを購入してみてはどうでしょうか?

【ランタン裏技】あなたは冬に使い切れなかった灯油!どうしてますか?(フュアーハンドランタン)

こんな方におすすめ どうすれば家計に優しく、フュアーハンドランタンをお得に使っていけるかわかる 冬に残った灯油をランタン ...

続きを見る

【ワークマン】 キャンプに最適な靴を紹介

この記事で解決できるお悩み ・ワークマンの商品が良質で低価格な理由!? ・商品の機能性はどんなものか? ・ワークマンの商 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ama

-キャンプ用品

© 2022 osotocamp(おそとキャンプ) Powered by AFFINGER5